群馬・温泉@旅の楽しみ方 > 草津温泉 > 草津よいとこ一度はおいで@草津温泉

草津温泉

草津よいとこ一度はおいで@草津温泉

草津温泉(くさつおんせん)とは、群馬県吾妻郡草津町(旧国上野国)にある温泉のことである。正確には温泉のあるところが町になったというべきであろう。林羅山の日本三名泉に数えられる。江戸時代の温泉番付では東大関(当時の最高位)にランクされ、名実ともに日本を代表する名泉の一つである。

北西部には、草津白根山(白根山(2,160m、湯釜)・本白根山(2,171m)・逢の峰(2,110m))が聳えている(上信越高原国立公園)。


●泉質

基本的な源泉は、酸性泉(酸性低張性高温泉)。場所(源泉)によっては硫黄泉なども見受けられる。酸性が強くPHは2前後である。この強酸性のために下流の品木ダムには酸性中和施設がある。
効能は、皮膚病、神経痛、糖尿病ほか多種多様(効能は戯れ歌になるほど多岐にわたる)
源泉は、公的に管理している大源泉が6つ存在するほか、ホテル等が所有している小源泉も多数存在する。
湯量は自噴するほど極めて豊富であり、湯温も50〜90度前後と高い。
現在は、ラジエターなどを使い高い湯温を下げているが、昔は草津節という唄を唄いながら木の板で湯船をかき回し、気化熱の原理で湯温を下げるのが特徴的な「湯もみ」が行われていた(現在も、観光客向けに実演する施設がある)。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

<<教えて群馬県 | 群馬・温泉@旅の楽しみ方トップへ | 関東最大級ラベンダー畑と英国の城>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック

  • 冬は、身体を温めるのだ!
  • 冬は、寒いので血流が滞る‥ 全てを全身に運んでくれる血液を、止まらせてはいけない! ‥ということで、温泉地のランキング〜 第1位...
  • 2008-01-18 22:47
  • 優美に、魅力的に!


Powered by Seesaa