群馬・温泉@旅の楽しみ方 > 四万温泉 > 四万温泉(しまおんせん)

四万温泉

四万温泉(しまおんせん)


◇東京から直行バスで3時間半、群馬県北西部新潟県境に近い上信越国立公園に位置し、周辺を山々に取り囲まれた四万川沿いの温泉場です。

歴史は1000年以上と古く、4万の病いに効くといういわれから名づけられました。

秘境とまではいきませんが、全国の国道の中でも行き止まりがあるのはここだけという立地もあり、通り抜ける人がいないため、静かな山あいの温泉地です。湯量が豊富で熱い源泉は、特に胃腸病によく、日本の胃腸病3名湯に数えられています。

◆元禄時代創業の「積善館」は、味わい深い重層の木造建築で、懐かしい匂いを感じられます。

代表的なお風呂の「元禄の湯」は昭和初期に作られたものがそのまま使われ、小さな四角い浴槽が5つあり、陶芸の釜に入れられた気分に陥る真っ暗な一人用の蒸し湯があります。ちなみに脱衣所と浴場はしきりがなく繋がっています。

寸志で入浴可能な共同浴場、露天風呂が4軒存在する。河原の湯(新湯地区)、御夢想の湯(日向見地区)、上の湯(山口地区)、山口露天風呂(山口地区)である。飲泉場も3箇所存在する。その他、奥四万湖建設のボーリング調査時に湧出した単純温泉のこしきの湯が奥四万湖のほとりに存在する。

温泉街の名物の食べ物として、温泉街の電器屋で作られる温泉納豆がある。

<<伊香保温泉 ホテルいかほ銀水 | 群馬・温泉@旅の楽しみ方トップへ | 磯部温泉>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa