草津温泉

草津温泉のPR動画 再生回数140万回突破!

日本有数の温泉町「草津温泉」(群馬県)のPR動画「Kusatsu Onsen, JAPAN - Summer - 4K (ultra HD) / 草津温泉」が、海外で注目を集めています。

公式動画の再生数は、なんと140万回超え!海外からのコメントばかりが多数寄せられるほどの話題に。


夏の草津、その日常生活をありのままにとらえた映像
この動画は、スマートフォンやタブレット端末の普及を受けて、観光協会が「草津温泉」の素晴らしさを分かりやすく伝えようとした企画。

小型無人航空機「ドローン」を駆使して、高解像度の4K映像で撮影されています。

その最大の特徴は、夏の草津の日常風景を脚色せずに映し出しているところ。

最近、自治体のユニークなPR動画が目立ちます。なのに、そのまま流れるような日常風景を映した映像が、なぜ今、人気なのでしょうか?



記事URL
http://news.livedoor.com/article/detail/12615770/


動画URL
https://youtu.be/V39G6FUQaz8

草津温泉

草津温泉 施設建て替えで 「湯もみショー」半年間休業

群馬県草津町の草津温泉の名物「湯もみショー」が、13日の公演を最後に、約半年間の休業に入る。


「湯もみショー」とは、「草津よいとこ、一度はおいで」と民謡に合わせ、長い板で勢いよく湯をかき混ぜるもの。

来春までお預けになるので、多くの観光客が詰めかけているという。

湯もみ会場の「熱の湯」は江戸時代から続く共同浴場で、草津独特の湯治療法の本場となっている。

湯もみは水を加えずに湯を冷ますため、源泉のままの泉質を保つ。



草津温泉観光協会によると、新しい熱の湯は木造建築に洋風の要素を取り入れた「大正ロマン風」の建物になるという。

窓にステンドグラスを使用し、周囲にはガス灯も整備し、定員も約300人から350人ほどに増えるというのだ。

楽しみですよね。

湯もみショーに出ている野口信子さんは「今の熱の湯は歴史を感じさせる造りで、こぢんまりとしているけどお客さんとの一体感が魅力。リニューアル前にぜひ見納めに来てください」と話している。

もうすぐ、お休み!!

13日までは1日6回の公演がある。
入場料は大人500円、小学生250円。
土・日曜と祝日には湯もみ体験も開かれている。


草津温泉

ホテル櫻井!草津温泉の大旅館は泉質最高

ホテル櫻井は、草津温泉で最大規模の大旅館です。

大旅館では温泉を循環している所が多く、泉質に期待出来ない場合がありますが、草津温泉は例外。

草津では大半の宿が掛け流しで、ホテル櫻井も三つの源泉を利用。草津の名湯を存分に堪能出来ます。

もう一つの楽しみが食事。特にリーズナブルなハーフバイキングのプランの満足度は最高です。

今回はお湯も食事も大満足の、草津温泉ホテル櫻井を紹介します!

http://feedproxy.google.com/~r/allabout/all/~3/VVoxH12BGkk/

草津温泉

草津よいとこ一度はおいで@草津温泉

草津温泉(くさつおんせん)とは、群馬県吾妻郡草津町(旧国上野国)にある温泉のことである。正確には温泉のあるところが町になったというべきであろう。林羅山の日本三名泉に数えられる。江戸時代の温泉番付では東大関(当時の最高位)にランクされ、名実ともに日本を代表する名泉の一つである。

北西部には、草津白根山(白根山(2,160m、湯釜)・本白根山(2,171m)・逢の峰(2,110m))が聳えている(上信越高原国立公園)。


●泉質

基本的な源泉は、酸性泉(酸性低張性高温泉)。場所(源泉)によっては硫黄泉なども見受けられる。酸性が強くPHは2前後である。この強酸性のために下流の品木ダムには酸性中和施設がある。
効能は、皮膚病、神経痛、糖尿病ほか多種多様(効能は戯れ歌になるほど多岐にわたる)
源泉は、公的に管理している大源泉が6つ存在するほか、ホテル等が所有している小源泉も多数存在する。
湯量は自噴するほど極めて豊富であり、湯温も50〜90度前後と高い。
現在は、ラジエターなどを使い高い湯温を下げているが、昔は草津節という唄を唄いながら木の板で湯船をかき回し、気化熱の原理で湯温を下げるのが特徴的な「湯もみ」が行われていた(現在も、観光客向けに実演する施設がある)。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Powered by Seesaa