下仁田

下仁田町 動画 「見渡せば岩と山」「何もない」

「オ、オ、オオー 下仁田 何もない町」。男性の歌声に合わせて、群馬県下仁田町の各地で老若男女が楽しげに踊る―。そんな4分間の映像がネットで話題になっている。町内への移住者を増やそうと、町が昨年12月に動画サイト「ユーチューブ」で公開した「人と町の風景」だ。町ホームページで紹介する程度と、特段の宣伝はしていないが、投稿直後から口コミで広まり、再生回数は5千回を超えた。


 学校や商店街、駅、下仁田ネギ畑と次々に場面が切り替わり、生徒も商店主も駅員も、リズムに乗って無邪気に踊る。どこか懐かしい風景と、温かみのある素朴な曲が印象に残る作品だ。


 流れる歌の歌詞は「見渡せば岩と山」「ネギとかこんにゃくばっかり有名で」「何もない」と自虐しつつ、「残された景色のある町」「暮らしていくよ ここで」などと田舎暮らしに関心のある人に響きそうなフレーズが並ぶ。


 動画ページでは、「一体感がある」などと視聴者の評価は高く、他自治体の首長も短文投稿サイトで紹介している。視聴した町民から「出演したかった」「曲を口ずさんでいる」と町に感想が寄せられているという。




下仁田

下仁田であじさい祭り

下仁田町馬山の上信越道下仁田インターチェンジ近くにある「下仁田あじさい園」で22日、あじさい祭りが始まった。見頃を迎えた青や白の色鮮やかなアジサイ2万株が、約3ヘクタールの傾斜地いっぱいに咲き誇っている。7月7日まで。

 地元住民でつくる「紫陽花(あじさい)を育てる会」(下山喜三男会長)が「関東一のアジサイ園」を目指して手入れしてきた。

 22日は祭りのオープニングセレモニーが行われ、下仁田荒船太鼓が和太鼓演奏で会場を盛り上げた。祭り期間中は農産物やアジサイの鉢植え販売も行われる。入場無料。問い合わせは町観光協会(電話1(プッシュホン)0274・82・2111)へ。

記事URL
http://www.jomo-news.co.jp/ns/1413719109042063/news.html


Powered by Seesaa