草津温泉

草津温泉 施設建て替えで 「湯もみショー」半年間休業

群馬県草津町の草津温泉の名物「湯もみショー」が、13日の公演を最後に、約半年間の休業に入る。


「湯もみショー」とは、「草津よいとこ、一度はおいで」と民謡に合わせ、長い板で勢いよく湯をかき混ぜるもの。

来春までお預けになるので、多くの観光客が詰めかけているという。

湯もみ会場の「熱の湯」は江戸時代から続く共同浴場で、草津独特の湯治療法の本場となっている。

湯もみは水を加えずに湯を冷ますため、源泉のままの泉質を保つ。



草津温泉観光協会によると、新しい熱の湯は木造建築に洋風の要素を取り入れた「大正ロマン風」の建物になるという。

窓にステンドグラスを使用し、周囲にはガス灯も整備し、定員も約300人から350人ほどに増えるというのだ。

楽しみですよね。

湯もみショーに出ている野口信子さんは「今の熱の湯は歴史を感じさせる造りで、こぢんまりとしているけどお客さんとの一体感が魅力。リニューアル前にぜひ見納めに来てください」と話している。

もうすぐ、お休み!!

13日までは1日6回の公演がある。
入場料は大人500円、小学生250円。
土・日曜と祝日には湯もみ体験も開かれている。


富岡製糸場

富岡製糸場 世界遺産登録に続いて ジャンボ宝くじで奇跡??


ジャンボ宝くじ「富岡製糸場周辺売り場」で金運が急上昇か?


「長年の夢がかないました。奇跡が起きた感じです」

こう話すのは、先月末に、ユネスコ世界文化遺産登録の内定が伝えられた群馬県富岡市・富岡製糸場からもっとも近い(通用門から200メートルほど)宝くじ売り場である「山木屋百貨店」の佐藤一夫社長。

まだ億は出ていないが、数年前こんな出来事があったという。

「年末ジャンボ最終日、残り50枚というところで連番10枚を買った40代の男性。選んだのが1と6ばかりの番号だったので、私が『偏ってない番号はどうですか』と余計なことを言ったんです。ところがその人はきっぱり『これにします』と。それが3等500万円!やはり直感は大事なんですね」


じつは過去の世界遺産登録を振り返ると、2004年熊野古道(新宮イオンCC)、’11年平泉(宝くじ神社イオン一関CC)、’13年富士山(市河たばこ店)と、認定された直後に周辺売り場から億が出ている。


さあ、今年は「富岡製糸場周辺売り場」がチャンス!


名物

群馬「ひもかわうどん」優勝

日本一のご当地うどんを決める「U−1グランプリ」が24、25の両日、東京都内で初めて開かれ、全国から24店舗・団体が参加した。


来場者の投票で決まる評価部門は「ひもかわうどん」の群馬県の店、期間中の総売り上げを競う売り上げ部門は「ぶっかけうどん」の岡山県の店がそれぞれ優勝した。

 地域によって調理法や食べ方の違ううどんの奥深さを知ってもらおうと、うどんミュージアム(京都市)などが開催した。

 ひもかわうどんは幅広の麺が特長。ぶっかけうどんは甘辛いたれが好評だった。



2位以下の店が出品したうどんは次の通り。

【評価部門】(2)梅うどん(和歌山)(3)ぶっかけうどん(岡山)

【売り上げ部門】(2)ひもかわうどん(群馬)(3)梅うどん(和歌山)



記事URL
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/living/cooking/679338/


「ひもかわうどん」、食べてみたいです。
どこのお店で食べられるのでしょう。
誰か、教えて?

藤岡市

堀越二郎の軌跡

宮崎駿監督作品「風立ちぬ」主人公のモデル堀越二郎。

太平洋戦争で使われたゼロ戦の設計などで知られる航空技術者、堀越二郎氏を主人公のモデルにしたスタジオジブリの映画「風立ちぬ」は2013年夏公開予定。

2013年は、零戦の設計者として有名な「堀越二郎」の生誕110年に当たります。

 堀越は、少年時代に航空の道を志し長じて後、東京航空学科に学び、三菱重工業に入社して試行錯誤を経ながら七試・九六艦戦、零戦、烈風等の設計を担当して世界に知られる存在となりました。


開催期間:平成25年7月13日(土)〜9月8日(日)

入場:無料

開館時間:午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで)

藤岡歴史館(藤岡市埋蔵文化財収蔵庫)
群馬県藤岡市白石1291-1番地
電話0274−22−6999
http:/www.city.fujioka.gunma.jp

コラム

ぐんまフラワーパーク 夜景遺産に認定

夜景観光コンベンション・ビューロー(丸々もとお代表理事、東京都)は18日までに、日本各地に埋もれた美しい夜景を発掘・紹介する「日本夜景遺産」の新規認定地15カ所を発表した。


前橋市柏倉町のぐんまフラワーパークの「ウィンターイルミネーション」が「ライトアップ夜景遺産」で認定された。本県からの認定は初めて。フラワーパークは「これを機会にもっと多くの人に訪れてもらいたい」と話している。


 対象になったフラワーパークの2012年冬のイルミネーションは、光る妖精のオブジェがシャボン玉やレーザー光線を発し、高さ18メートルのタワーを舞い上がったり、園内各所に仕掛けを設けるなど音と光、映像を駆使。関東平野の夜景と一緒に見ることができる。

 コンベンション・ビューローの夜景遺産事務局は認定理由を、「イルミネーションと大パノラマの夜景の見事な競演」と説明する。



 現在は点灯していないが、8月3日〜18日の夜間営業期間中は夏のイルミネーションを楽しめる。

来月には、訪れたいですね。


記事URL
http://www.jomo-news.co.jp/ns/2213741585585996/news.html

<<前の5件  .. 2 3 4 5 6..  次の5件>>



Powered by Seesaa